東洋医学の診療所 斉藤クリニック
tofu
内科・心療内科・整形外科・漢方 | 大阪市都島区 東洋医学の診療所 |
tofu
斉藤クリニック
斉藤クリニック 斉藤クリニック
斉藤クリニック 斉藤クリニック
斉藤クリニック ホーム 斉藤クリニック
診察時間 斉藤クリニック
当院へのアクセス 斉藤クリニック
院長紹介 斉藤クリニック
リンク 斉藤クリニック
お問い合わせ 斉藤クリニック
斉藤クリニック 斉藤クリニック
東洋医学で考える現代医療 斉藤クリニック
手当による気づきと癒しの会 斉藤クリニック
斉藤クリニック
斉藤クリニック
 
コラム
罫線
C o n t e n t s
 
 
 
 
   
罫線
Vol.1 東洋医学にたどり着くまで
罫線
葉 現代医学の限界から漢方薬への可能性に気付く
医師になるには医学部を卒業し、大学病院などで研修を受けます。
私も多くの医師と同じ様に医学大学にて国家試験を受け、
卒業し、最先端の医療現場で研修、実践を重ねていました。

現代医学は極端に言えば身体はいろんな臓器の集まったもの、
いろんなパーツの組み立てられたものと考え、
故障が発生すればその個所を発見・修理し、
場合によっては取り替えをする発想を持っています。
大体は科学・物理学、言い換えると
ニュートン力学の延長上に成り立っています。

経験を積むにつれて万能と思っていた
現代医学では治せない病気が山ほどあることに
気がつくようになりました。

ましてや患者の怒り、悲しみ、絶望感に対して
現代医学は何も役立たないし、
死にゆく患者に対しては何もしてあげられなくて、
患者から逃げるようにコソコソしていました。

目の前の患者に何をしてあげられるのかという時に
漢方薬を試してみたのです。
現代薬とは違う効果を実感し
その虜になっていきました。

罫線
葉 漢方薬から鍼灸、そして気の医学へ
更に本格的に勉強すすめ煎じ薬、
鍼灸、さらに気の医学へと間口が広がっていきました。

東洋医学では病気とは文字通り
『気が病む』ことと考えられています。
気という四次元的なエネルギーが
体内で過不足になったり偏在したり、
交流の悪くなった状態を病気といいます。

現代医学では診療科目はたくさんありますが
東洋医学の視点からすれば
気の状態を改善することにより
あらゆる病気が治ると考えられてきました。

わかりやすく例をあげますと
強い空腹状態を考えて下さい。

体には力が入らずフラフラし、
眠れない、ささいなことでイライラする。
もっと空腹になると考える力もなくなる。

気のパワーが不足し心身ともにダウンします。
満腹になれば力がはいり眠くなる、
イライラしなくなります。

東洋医学の本質は気であることがわかり、
もっと直接に気を動かせたらもっと治療効果が上がるだろう
と考えて気功を勉強しました。

いろんな流派ややり方がありますが
極意は簡単で本人の気持ちで
気はいかようにも作用します。
古くからある手当て療法のやり方で
『痛いの、痛いの、飛んで行け』と思えば、
よくなっていくのです。

手ほどきをうければ誰でも症状を改善したり、
遠隔治療までできるようになります 。

(大阪の福島で月一回気づきと癒しの会を
開催していますのでご興味の方はご連絡下さい。)

罫線
葉 更なる発展-心理学との関わり-
経験を積むにつれて、病気の発症には
心の作用が重要であることを益々感じました。
ほとんどの患者さんは無理がたたって病気になります。

寝不足、飲みすぎ、食べすぎ、働きすぎといった
行き過ぎた行動による「無理」、
さらには、イライラ、まじめ、きっちり、がんばりなど
その人の気質からくる「無理」。

これらの自分の精神的、肉体適能力以上に
無理をすることが負担となって病気になるのです。
発症した病気に対して薬をのめば
とりあえず表面的な症状は改善されます。
高血圧、糖尿病、関節痛はおさまります。

しかし、私にはとても本当の治療とは考えられません。

病気は体の発する警告であり悲鳴なのです。
大事な意味があるのです。
この意味するものを理解して、根本を改善しないと薬は
その場しのぎのドーピングとも言えます。

ではなぜ「無理」をするかといえば、
その人の性格が大いに関係します。

NHKの朝のドラマの『おしん』のような性格、
長く日本では美徳とされているような性格が
病気をおこすもとです。
仲々理解しがたいかと思いますが
癌のような病気になり
死の恐怖が迫ってくるとはじめて
自分の心の奥底を覗いて気づいてくるのです。

なぜ自分がこんな病気にかかったのか?
この病気は自分に何を教えてくれるのか?
自分は何のために生れてきたのか?
なぜあの人でなく私なのか?……
いろんな根本的な問題が浮かんでくるのです。

これに対する医師もこの問題にどれ程真剣に取り組んで
苦しみぬいたかという経験がなければ、
患者からコソコソ逃げだすより方法はありません。

大病に限らず、死別、破産、離婚、失職などの挫折が
その人に大きなチャンスをくれるのです。
この問題に苦しみぬくことによりその人は精神的に
スピリチュアルに成長するのです。

医師は症状を和らげ病気治しが最優先のことではありますが、
患者の精神的、スピリチュアルな成長を助けるという
視点をもたないとただ苦痛と疲労が残るのみと考えます。

トランスパーソナル心理学関係の本を読みますと
正確は生育歴だけではなく、
出生時に多大なトラウマを受けることが書かれています。

がんばり屋の人にどうしてそんなに
無理をするのかとたずねると、
何か訳のわからない大きな力でおされて、
自分ではどうしようもない。
次から次へと重荷がおしよせてさけられない、
息がつまりそう、しめつけられるなどといわれるのは
まさしく出産時の産道の状況と思われます 。

現代医学は遺伝子治療、クローン、臓器移植の発展が
見られますが、これらは心の苦しみは救ってくれません。

WHOの健康の定義として
『肉体的、精神的、スピリチュアル、
社会的にうまくいっている状態で
単に病気のない状態ではない』とされています。
人間とは、病気とは、とてつもなく大きく、深く、
はかり知れない存在であると痛感しています。


罫線
 
罫線
 
 
罫線

 
Copyright 2013 Saito Clinic All Rights Reserved.